HONDA CR110は、原動機付自転車市販レーサーです。ですので昔はレースに行くために保安部品つけて
ちょろっと会場まで乗っていく人も居たようです。
もっともY部品組みこんだ場合のピストン推奨交換時期は、300kmなのですが・・・。

今回そんなCR110の中で雑誌『ライダーズクラブ』の記事で見た、
生産台数246台の中の一台、谷底へ放り出され、その後紆余曲折を経て
レストアされた姿をモデルとしました。
(もし万一そのオーナーのかたが、この作品を見かけたらあまりの汚さにぶっ殺されそうですが…
それほど綺麗にレストアされていました)

なお、今回はやったことが多すぎていざ書こうと思うと、
何から書いたら良いかも分りません。

というわけで、ポイントが絞り込めませんでしたので、
3ページにわたる説明ページとなりました。
根性のある時にでもどうぞ・・・。

To In Progress
To Top

SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO